スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺体

東日本大震災の津波被害の際の遺体安置所での壮絶なルポルタージュ
遺体―震災、津波の果てに”という石井光太氏の本が“遺体~明日への10日間”という映画になりました。
一昨年この本を読んで辛い現実を知っていたので封切りと同時に見に行ってきました。
テレビでは決して見ることが出来ない現実がそこにはありました。
涙が止まりませんでした。
日本、いや世界中で一人でも多くの方々に見て欲しいと思います。

遺体

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。